ときがわ町ファミリーサポートセンター、緊急サポートセンター( 病児保育・一時保育・一時預り・送迎)

★サポート内容、料金★ 一時保育、病児保育・病後児保育、送迎他(ときがわ町 ファミリーサポートセンター、緊急サポートセンター)

ファミリー・サポートと緊急サポートの活動は次のようになっています。

ファミリーサポートの援助活動
 事前に紹介したサポート会員と、打合せをした内容に沿って援助を行ないます。元気なお子さん、予定のたつ預かりが基本となります。依頼はセンターを通じておこないます。
緊急サポートの援助活動 
 病児・病後児の預かりの他に、事前打合せの時間がとれない、前日、当日の依頼など主に急を要する預かりを行ないます。基本的に、サポート会員は、その時々で対応できる方で援助を行ないます。(事前の紹介はいたしません)

ファミリー・サポート活動についての詳細
【保育内容】
保育対象
 原則、0歳~小学校6年生までのお子さんを対象とします。
保育内容
 事前にご紹介したサポート会員と、打ち合わせをした内容に沿って援助を行います。元気なお子さん、予定の立つお預かりが基本となります。依頼はセンターを通じ行ないます。
援助活動例)
・保育所や幼稚園、小学校等への送迎やその前後のお預かり
・保育所、学校等の休みの際のお預かり
・習い事等の送迎
・保護者の求職活動中のお預かり
・保護者の通院やリフレッシュ等の際のお預かりなど
保育可能日、時間帯(サポート会員が対応可能な場合に限ります) 
 援助活動時間 5時~22時
 援助活動は、1年を通じて行います。
保育依頼可能日、時間帯
 年末年始を除く日。利用受付は7時~20時まで。 
サポート会員一人での預かり人数
 複数のお子さんのお預かり可。サポート会員と相談のうえ、決定致します。
援助活動の場所
 家族相談支援センター2階会議室(通称 サポートルーム)、サポート会員宅、利用会員宅、合意が得られれば、その他の場所でのお預かりが可能です。
【利用料金(お子さん1人/1時間あたりの料金)】
 町から補助金が出ます。援助活動終了後、単価から町からの補助金を減じた額(実際に支払う額)をサポート会員に直接お支払いして下さい。

 5時~7時、19時~22時 実際に支払う額600円/1時間1人(単価900円 町からの補助300円)
 7時~19時 実際に支払う額500円/1時間1人(単価800円 町からの補助300円)
 ※サポート会員1人で預りを行う場合で、兄弟姉妹で利用する場合は3歳以上の児童を対象に、2人預かりは1.5人分、3人預かりは2人分の料金となります。
 例)3歳、5歳の兄弟姉妹をサポート会員1人で15時~17時、サポート会員宅で2時間預った場合の料金計算(サポート会員宅までの送迎は保護者が行なった)
   支払額=500円/1人1時間×1.5人分×2時間+実費 = 1,500円+実費

料金の算出方法について

1 援助活動時間
① サポート会員宅で援助を行う場合。
  保護者がサポート会員宅へ児童を連れてきた時間から、お迎えが来て児童を引き渡すまでの時間。
② サポート会員宅以外で援助活動を行う場合。(又は送迎も兼ねた活動の場合)
  サポート会員が援助活動を行うために自宅を出る時間から、援助活動を終えて自宅に戻るまでの時間。
③ 援助活動が1時間に満たない場合でも、料金は1時間分より発生します。
④ 最初の1時間以降は30分単位で計算します。(料金は1時間の半額になります)
2 移動交通費やその他実費
① 公共交通機関やタクシーを利用した場合は、実費をサポート会員に支払います。
② 自家用車を使用した場合のガソリン代、飲食物等の実費は、事前に会員同士の間の取り決めを行います。
③ その他、援助活動中にかかった実費の請求は、会員同士の了承があった中で行います。
3 支払方法
 保育料及びその他かかった実費は、援助活動終了時に利用会員が直接サポート会員へお支払いします。
4 3歳以上の兄弟姉妹2人を1人のサポート会員で預った場合は1.5人分、3人を1人のサポート会員で預った場合は2人分の金額となります。(実際に支払う額、単価、町からの補助金)

【キャンセル料について】
①活動予定日の前日又は当日のキャンセルの場合には、キャンセル料が発生します。
 ファミリーサポート…1時間分の料金(800円)
②無断キャンセルは予約時間分の料金がのキャンセル料となります。
※町から補助金はつきませんのでご注意下さい。

【登録費・年会費・月会費など】
無料です。いざというときのために余裕を持って登録して下さい。

●サポート会員について
・講習会(保育、看護、救命救急等24時間)を受けて頂いています。
・看護師等の資格をお持ちの方もおりますが、サポート会員のほとんどの方が子育て経験のある一般のご家庭の方です。病児の預かりに関しては、専門家ではありませんので、原則、医療器具(喘息発作時の吸入等)を使った援助はできません。

●保険について
 万が一に備え、NPO総合保険に加入します。

●お預かりに際して準備していただくもの

 ・昼食、おやつ(必要時のみ)
 ・ミルク、哺乳瓶(必要児童のみ)
 ・食事用エプロン(必要児童のみ)
 ・紙おむつ、おしりふき(必要児童のみ)
 ・お気に入りの絵本やおもちゃなど(必要児童のみ)
 ・着替え
 ・汚れものを入れる袋(スーパーのレジ袋等)
 ・おくるみなど羽織るもの(必要児童のみ)
 ・バスタオル
 ・おしぼりタオル
 ・ティッシュ
 ・薬(必要児童のみ)
  ※受診した医療機関からもらった薬を預かり時間中に飲む分を、1回分ずつ小分けにしてご用意ください。市販薬不可)

緊急サポート活動についての詳細

【保育内容】
保育対象
 原則、0歳~小学校6年生までのお子さんを対象とします。
保育内容
 主に急を要するお預かりを行います。当日の依頼が可能です。センターへご連絡ください。基本的に、サポート会員は、その時々で対応できる方で援助を行います。
・病児、病後児のお預かり、受診
・保育所等からの急な呼び出し時のお迎え、お預かり
・保護者が体調不良で保育が困難な時のお預かり
・冠婚葬祭など急を要する外出時のお預かり
・その他、急を要する子育てに関する困った時など

保育可能日、時間帯(サポート会員が対応可能な場合に限ります) 
 援助活動時間 5時~22時

 病児の場合、症状によってはご希望の時間の調整をお願いする場合があります。
 援助活動は、1年を通じて行います。
保育依頼可能日、時間帯
 年末年始を除く日。利用受付は7時~20時まで。 
サポート会員一人での預かり人数
 複数のお子さんの預かり可。サポート会員と相談のうえ決定致します。
 ただし、病児・病後児のお預かりは1人までとします。
援助活動の場所
 家庭相談支援センター2階会議室(通称 サポートルーム)、サポート会員宅、利用会員宅、合意が得られれば、その他の場所でのお預かりが可能です。
【利用料金(お子さん1人/1時間あたりの料金)】
 町から補助金がでます。
 援助活動終了後、単価から、町からの補助金を減じた額をサポート会員にお支払いします。
 (病児・病後児)
 5時~7時、19時~22時 実際に支払う額800円/1時間1人
(単価1,200円、町からの補助金400円)
 7時~19時 実際に支払う額700円/1時間1人(単価1,100円、町からの補助金400円)
 (病児・病後児以外)
 5時~7時、19時~22時 実際に支払う額800円/1時間1人
(単価1,100円、町からの補助金300円)
 7時~19時 実際に支払う額700円/1時間1人(単価1,000円、町からの補助金300円) 

※サポート会員1人で預りを行う場合で、兄弟姉妹で利用する場合は3歳以上の児童を対象に、2人預かりは1.5人分、3人預かりは2人分の料金となります。(病児・病後児は1対1の保育に限られます)

1 援助活動時間
① サポート会員宅で援助を行う場合。
  保護者がサポート会員宅へ児童を連れてきた時間から、お迎えが来て児童を引き渡すまでの時間。
② サポート会員宅以外で援助活動を行う場合。(又は送迎も兼ねた活動の場合)
  サポート会員が援助活動を行うために自宅を出る時間から、援助活動を終えて自宅に戻るまでの時間。
③ 援助活動が1時間に満たない場合でも、料金は1時間分より発生します。
④ 最初の1時間以降は30分単位で計算します。(料金は1時間の半額になります)
2 移動交通費やその他実費
① 公共交通機関やタクシーを利用した場合は、実費をサポート会員に支払います。
② 自家用車を使用した場合のガソリン代、飲食物等の実費は、事前に会員同士の間の取り決めを行います。
③ その他、援助活動中にかかった実費の請求は、会員同士の了承があった中で行います。
3 支払方法
 保育料及びその他かかった実費は、援助活動終了時に利用会員が直接サポート会員へお支払いします。
4 3歳以上の兄弟姉妹2人を1人のサポート会員で預った場合は1.5人分、3人を1人のサポート会員で預った場合は2人分の金額となります。(実際に支払う額、単価、町からの補助金)

【キャンセル料について】
①活動予定日の前日又は当日のキャンセルの場合には、キャンセル料が発生します。
 緊急サポート   …1時間分の料金(病児・病後児1,100円、病児・病後児以外1,000円)
②無断キャンセルは予約時間分の料金(正規の単価)をお支払いただきます。
※町からの補助金はつきませんのでご注意下さい。

【登録費・年会費・月会費など】
無料です。いざというときのために余裕を持って登録して下さい。

●サポート会員について
・講習会(保育、看護、救命救急等24時間)を受けて頂いています。
・看護師等の資格をお持ちの方もおりますが、サポート会員のほとんどの方が子育て経験のある一般のご家庭の方です。病児の預かりに関しては、専門家ではありませんので、原則、医療器具(喘息発作時の吸入等)を使った援助はできません。

●病児の受け入れ基準ついて
 病児・病後児のお預かりの場合は、受診が必要です。保育所等からの呼び出しなどがあった際には、お子さんの状態により対応が異なりますので、まずはお電話下さい。
 病児保育を利用するにあたって、最も大切なことは、利用会員さんからの正確な情報提供です。お子さんを守るためにも、また、サポート会員さんとの信頼関係を大切にするためにも、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
 センターでは、下記の基準を参考にして、利用会員さんからの詳しいお話を聞き、できる限りお預かりするよう努力していきたいと思っています。
 お気軽にご相談ください。

☆受け入れ可能な場合☆
・全身状態がよい場合
・退院後で、症状・状態が落ち着いている場合

☆受け入れられるケースが多いが、保護者からのより詳しい話を必要とする場合☆
・インフルエンザ、はしかなどの感染力の強い病気
・ひどい下痢、嘔吐(ノロウィルス、ロタウィルスなど)
・けいれんをおこしたことがある場合

☆受け入れ要相談の場合☆
・喘息、Rsウィルス感染症、肺炎、クループなどの呼吸器疾患

☆受け入れることができない場合☆
・全身状態が悪い場合
・医師に密な観察が必要だと言われた場合
・元気がない場合
・呼吸困難がある場合(ゼーゼーがひどい、鼻づまりが強くてミルクが飲めないなど)
・水分が取れない、おしっこが出ていないなどの脱水症状がみられる場合
・重症化するおそれのある感染症にかかっている場合
・生後半年未満38℃以上、半年から1歳未満38.5℃以上、1歳以上40℃以上の発熱

☆受け入れ可能な子どもに多い病気(参考)☆
 扁桃腺炎、気管支炎、胃腸炎、ヘルパンギーナ、プール熱、手足口病、溶連菌、突発性発疹、はやり目、急性出血性結膜炎、とびひ、おたふく、尿路感染症、風疹(三日ばしか)、アデノウィルス感染症、中耳炎、りんご病、水ぼうそう等
※症状によってはお預かりできない場合もあります。
※障害や慢性疾患をお持ちの場合はご相談ください。

●保険について
 万が一に備え、NPO総合保険に加入します。

●お預かりに際して準備していただくもの

 ・昼食、おやつ(必要時のみ)
 ・ミルク、哺乳瓶(必要児童のみ)
 ・食事用エプロン(必要児童のみ)
 ・紙おむつ、おしりふき(必要児童のみ)
 ・お気に入りの絵本やおもちゃなど(必要児童のみ)
 ・着替え
 ・汚れものを入れる袋(スーパーのレジ袋等)
 ・おくるみなど羽織るもの(必要児童のみ)
 ・バスタオル
 ・おしぼりタオル
 ・ティッシュ
 ・薬(必要児童のみ)
  ※受診した医療機関からもらった薬を預かり時間中に飲む分を、1回分ずつ小分けにしてご用意ください。市販薬不可)

●病気のお子さんの預かり時には・・・
 ・保険証またはそのコピー
 ・受診した病院の診察券
 ・町から支給される医療証、医療券など
 ※受診が必要になった際に、必要となるものをご用意ください。
 ・お熱が高くなった時のために冷えピタ等、体を冷やす物もご用意ください。

活動の詳細の手引きはこちら 

「tokigawatebiki.pdf」をダウンロード

バーコード

記事内検索